猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫と奴隷】猫という恐るべき生きもの。


f:id:nekosam:20200625134855j:image

今日もうちの猫たちカワイイわ。

なんかね、エリンギさんもシメジさんも甲乙つけがたいかわいさなんですよね。

性格全然違うんですが、それも比べられないそれぞれのかわいさがあってね。

うちの兄のほとぼりがさめてきたので、そろそろ風呂に入れて欲しいんですが、、


f:id:nekosam:20200625135617j:image

(↑なんかこの前足かわいくないですか?)

 

兄は断固拒否。

「だってシメジさんに嫌われちゃうじゃん!!」

とのことで、

兄も完全に猫奴隷化してますね。

私もけっこー猫たちに好かれたくて媚びた態度とってますが、

うちの兄の媚び具合いも相当なものです。


f:id:nekosam:20200625154901j:image

↑兄がいないと兄のベッドでくつろぎに来るシメジさん。

 

【後輩の旦那】

以前ブログご紹介した、捨て猫拾った後輩の旦那の話です。

おうちに元々保護犬2匹と暮らしていた後輩夫婦ですが、

拾った子猫は『ニコ』と名付けてとっても可愛がっている様子。

↓ニコ
f:id:nekosam:20200625141553j:image

後輩は時々ブログ見ててくれて、時々連絡くれるんですよ。

で、ごく最近交わしたラインをちょっとお見せしますが、


f:id:nekosam:20200625141018j:image


f:id:nekosam:20200625141044j:image

猫のために死んでもいいって、

完全に奴隷化してますよねw

しかもヤの方とか、猫愛を感じてちょっと好感度あがりましたよねw


f:id:nekosam:20200625155033j:image

猫ってほんとに恐るべき生きものだと思うんですよ。

猫を大事にしてる人と人をこんなに簡単に結びつけてしまう。

猫を大事にしてる人=イイ人

みたいな構図が脳内で勝手にできて、

人と人の壁を取っ払ってしまう能力ってゆーか。

なんて素晴らしい、非の打ち所のない生きものなんだろうと思いますね。


f:id:nekosam:20200625155127j:image

【操る力】

犬は躾できますが、猫はできませんよね。

なので時々、猫は犬よりバカっていうひといますが、多分それは違います。

きっと性質上アプローチの仕方が全然違うだけなのだと思います。

人間にしたがえないから理解してないのだ、というのとはちょっと違うんだと。


f:id:nekosam:20200625155858j:image

犬とかの場合、ちゃんと叱ることも時には必要だと思うんですが、

猫は怒鳴り声はただ怖いだけなんですよ。

私は猫たちにはほぼ声を荒げません。それをしても意味がないことを知っているからです。

 

うちの父は猫が仏壇とかに入り込むと、『テイッ!』って怒鳴ってるんですが、

猫にとっては理由がわからずただ怖いだけなので攻撃されます。

お兄や父はよく猫たちにシャーシャー言われてるんですが、実は私は一度も言われたことないんですよね。


f:id:nekosam:20200625155934j:image

猫はどうゆう行動をとれば自分の希望がかなえられるか?で学習していきます。

こちら(人間)の言葉を理解させて意志の疎通を図ろうとするひとよりも、

自分たちに注意を払って理解してくれようとする人を、猫は好む傾向があるように思います。

 

みなさんお気づきになりましたか?

猫って、

媚びれば媚びるほどなつく(要求してくる)んですよ。

求められるとうれしいので、

まぁ、魔のループで奴隷堕ちしてゆくのですがね。


f:id:nekosam:20200625160057j:image

ただね、一つだけ重要な注意点があって、

要求してないことは絶対しちゃだめ

てことですね。

徹底して猫に都合の良い女に成り下がることです。

全ては猫様のゆうとおり。


f:id:nekosam:20200625155716j:image

もし猫をコントロールしたいのであれば、

これを踏まえた上で、かなりうわ手に誘導しなければなりません。

人間のエゴは猫にとって毒にしかなりません。

↓例えばこのハンモックとかね。。
f:id:nekosam:20200625155422j:image

完全室内飼いとはいえ、毛でビタミンをつくらないといけないので、

日光が当たる場所が部屋にあるのも必要だし、

グルーミングはストレス発散のためだけではなく、毛で作られたビタミンを摂取するのに必要な儀式です。


f:id:nekosam:20200625155309j:image


f:id:nekosam:20200625155325j:image

私も猫奴隷として、まだまだ勉強しないといけないなぁと思います。

猫たちとより良く過ごすのには、もっと猫について知らなくてはと思います(°▽°)