猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫の脱走と捜索】ふくちゃん無事見付かりました!


f:id:nekosam:20200609141035j:image

エリンギさんはジョウロの水を飲みたがる。

何故か多肉の水やりしてると猫たちはソワソワします。

何回も水を汲みにいくのが面倒で、ペットボトルに汲んだ水をジョウロに移して水やりなんですが、

そのとき必ずエリンギさんが飛んできます。


f:id:nekosam:20200609141345j:image

ペロペロ


f:id:nekosam:20200609141417j:image

すぐそばに水飲み場があるのにw

 

【ふくちゃん見付かりました!】


f:id:nekosam:20200609141543j:image

数日前に脱走した猫奴隷の飼い猫ふくちゃんが昨日6日目にして無事捕獲されました!

沢山の方に心配していただき、ありがとうございましたと猫奴隷が申しております(°▽°)


f:id:nekosam:20200609141906j:image

↑現在のふくちゃんの様子

めっちゃ痩せてる( ;∀;)

脱走前6kgほどあった体重が4.5kgまで落ちてしまってました。

ボロボロになって、アパートの階段で一日中うずくまってじっとしていたのを住人が通報してくれたそうです。

野良猫の縄張りに入り込んで隠れていて、身動きがとれない状態で、自力で帰ってくるのは無理だったかもしれないと聞きました。

友達は諦めず探して無事見つけられて良かったです。

猫が脱走して、猫本人も帰るに帰れない場合もあるんだなぁと思いました。

なので今回は脱走猫捕獲のために友達がしたことをシェアしたいと思います。

 

【猫探し】


f:id:nekosam:20200609143400j:image

○まず最初にしておいた方が良いのが、保健所や愛護センターに届けをだすこと。

これをしないと、野良猫と間違われて保健所で処分されてしまう怖れがあるのと、

保護団体に保護されて、勝手に里親探しされてしまう可能性があるからです。


f:id:nekosam:20200609151021j:image

○保護器を借りる。

友達は保健センターで借りたようですが、地域の保護猫団体などでも貸し出ししてくれるところがあります。

○捜索チラシ作成

自分で作れる無料テンプレートもあるらしいんですが、友達はねこてっくすって業者に頼んだそうです。

【猫探偵】


f:id:nekosam:20200609151203j:image

いわゆるペット探偵というやつですね。

猫がいなくなってわりとすぐ、友達は猫探偵に依頼したそうです。

料金なんと1日7万!!

高い!!w

探偵のお仕事の内容なんですが、

猫は夜行性なため昼間はじっと隠れていて見つかりにくいので、

午前2時の丑三つ時にやってきて、脱走地点周辺の見回りと逃走経路の予測、

朝になったらチラシ配りと聞き込み、保護器の設置など。

猫奴隷の感想は

役に立たねぇ!!!www

だそうですw

猫探偵の逃走経路予測は結局、方向真逆で間違えて完全にハズレだったらしいww

 

【友達がした猫捕獲のための行動】


f:id:nekosam:20200609155435j:image

○近所にチラシ配り(周辺地区の家にポスティング)

○友達や犬の散歩の人にチラシ渡す

○データ拡散

○深夜から早朝にかけて、協力者と共に名まえ呼びながらの捜索

○保護器の張り込み

張り込み中、保護器の餌をパトロール中の野良猫に狙われ、霧吹きで撃退していた。

 

【猫発見の決め手】

↓ふくちゃんin the保護器
f:id:nekosam:20200609153555j:image

チラシ情報が発見の決め手になりました。

チラシを見て連絡してくれたのが10件、うち4件が猫違い、1件は見失い。

最終的な通報で猫を発見したとき、おそらく6日のまず食わずで痩せており、毛もボサボサでオデコにハゲができていました。


f:id:nekosam:20200609153659j:image

野良猫の縄張りに入ってしまい、いじめられたのかもしれません。(T-T)

今日ふくちゃんを獣医さんに連れていってました。

 

たった6日間外にいただけでコレですよ。

外の環境や野良猫社会の過酷さを垣間見た気がしました。


f:id:nekosam:20200609154348j:image

野良猫の匂いがついてしまっているせいか、あんなに仲の良かったゴロゴロさんが、

ふくちゃんに対してシャーシャー威嚇するので、今は隔離して様子見だそうです。

でもとにかく見つかって良かった!


f:id:nekosam:20200609154538j:image

まぁ、人によって意見は様々で、

ずっと家に猫を閉じ込めるのは可哀相と思う人もいるとは思います。

でも必ずしも外に出ることが幸せとは限らないっていうか、

外に出して安全に安心して暮らせるかとかを考えた時、

ふくちゃんの変わり様を見てしまうと、

おうちで暮らした方が幸せな猫も多いんじゃないかなぁ、と思いました。



f:id:nekosam:20200609155237j:image


f:id:nekosam:20200609155323j:image

エリンギさん、警戒心ゼロ。