猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫とワクチン】


f:id:nekosam:20200607145534j:image

シメジさんは飽きっぽい。

このひとね、ほんとに飽きっぽくて、

オモチャもすぐ飽きちゃうのでイチイチオモチャを買ってあげれないってゆうか。

 

仕方ないので新しいオモチャを作ってると、じっと側で見ててできるのを待ってるんですよ。

自分のオモチャを作ってることを理解しているかのようです。

 

【そうだ、ワクチンに行こう。】


f:id:nekosam:20200608175111j:image

今年は自粛やらなんやらでなかなか獣医さんに行く勇気がもてなくて、

ワクチンのタイミングがのばしのばしになっていました。

先日、シメジさんのハゲのため受診のついでに三種ワクチンしてもらいました。

ほんとは2匹同時に連れて行きたかったのですが、

こうゆうとき片方をキャリーに入れると、もう一匹がヤバイ!ってなって隠れるんですよ。

で、シメジさんをキャリーに入れたら案の定エリンギさんが逃げたので、

彼女は次の日、安心しきって無防備に転がっているところをサッと捕まえて、ワクチンに連れていきました。


f:id:nekosam:20200608175827j:image

【獣医さんにて】

シメジさんは思いの外騒がないので、獣医さんではまな板のコイのような状態です。

そのかわり後日、かなり根にもちます。


f:id:nekosam:20200608180135j:image

エリンギさんは兎に角騒ぐ。

だけど診察室では狭いキャリーにしがみつき、意地でも出てきません。。

 

『ワクチンだけなんで、キャリーごと台にあげちゃってください』

 

と先生にいわれて、

上蓋をあけて、キャリーのままお注射完了。


f:id:nekosam:20200608180608j:image

でもエリンギさんは忘れっぽいのか、

帰るとケロッとしています。

それよりも、一人お留守番のシメジさんが寂しすぎて、玄関まで降りてきました。

とりあえずワクチン終わって1年は安心です(*´∇`*)


f:id:nekosam:20200608181011j:image

【獣医さんの奥さん】

うちの動物は代々同じ獣医さんにかかっていて、昔犬を飼ってたときはよくお世話になっていたのですが、

先代猫がけっこう健康体だったため、10年くらい獣医さんとは無縁になっていました。

 

その空白の時期の間に、獣医さんの息子さんが後を継いだようでした。

父先生がやってる日もあれば、若先生のときもあります。

先代猫が亡くなる直前はけっこう獣医さんに通っていました。

そしてある日私が別の猫を連れてきて、

あ、やっぱりダメだったんですねみたいになりまして。

 

新しい子たちのカルテ作るから名まえ教えて下さいと言われ、

『エリンギとシメジです』

っていったら獣医さんがハッてなって

『うちの猫、シイタケとポルチー二で、先代はマイタケです』

 

キノコ!!

奇遇ですね~なんてもりあがったのですよ。


f:id:nekosam:20200608183317j:image

で、この前ワクチンに行ったときに受付が女のひとがいて、若先生の奥さんには会ったことはなかったけどそうかな~と思いつつわざわざ聞くのもやらしいかなと思ってだまっていたら、

 

『キノコですね。』

 

と、診察券渡しながらニヤッとしたので

奥様ですか?と聞けましたw

 

父先生から、嫁が猫の名まえを決めたと聞いていたので、

ちょっと自分と感性が似ていてテンション上がりましたw

お会いできて良かった\(^o^)/

 

【猫飼いというだけで】


f:id:nekosam:20200608183401j:image

フシギなもので、猫飼いとか猫贔屓ってだけで瞬時に心の距離が縮むのなんでですかね?w

 

うちは犬も飼っていましたが、

犬飼いと猫飼いってなんかテンションの感じが違う気がします。

犬の主人はどちらかというとフレンドリーな感じ。

猫の主人はどちらかというと

奴隷感丸出し

な感じがしますw


f:id:nekosam:20200608183446j:image

ーーーーー切取り線ーーーーーーー

シメジさん↓

f:id:nekosam:20200608183535j:image

エリンギさん↓


f:id:nekosam:20200608183616j:image

 

やっぱりなんか

エリンギさんのお腹がヤバイ気がします。。