猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫の好む場所について】猫はモフモフした場所が本当に好きなのか問題。

シメジの目が死んでるシリーズ。


f:id:nekosam:20200217111512j:image

猫の姉妹とはいえ、得意とする表情はそれぞれ違うんですねー。

エリンギはギラギラしてますが、シメジは屍系。

 

猫はモフモフが好きなの?

という疑問。

うちの場合ですが、シメジは絶対的にモフモフした場所、フカフカした場所が大好きです。

布団を敷くと、真っ先にゴロゴロしにきます。


f:id:nekosam:20200217112026j:image

からの


f:id:nekosam:20200217112105j:image

毛のお手入れ。

だって女ですもの。


f:id:nekosam:20200217112456j:image

そして気づくと枕の傍らにスッと移動


f:id:nekosam:20200217112612j:image

当たり前のように枕使います。

 

朝起きると


f:id:nekosam:20200217120612j:image

私の足の方にモッフリと埋まっていて

布団たたむと、


f:id:nekosam:20200217112405j:image

またやってきます。

 

よく観察してると、シメジよりエリンギの方が硬い場所にいるような気がします。

勿論モフモフは好きですが


f:id:nekosam:20200217112947j:image

網の上とか


f:id:nekosam:20200217113642j:image

地面とか


f:id:nekosam:20200217113742j:image

モフモフした場所も好きですが、地面に転がってることも多いんですよ。

で、ふと思ったのは

シメジは骨骼はシッカリしてるものの、割りとスレンダーな体をしていて脂肪少なめ

 

それに対してエリンギはぽっちゃり体型なので

自らの脂肪がクッションになっているのでは?

という結論に行き着きました。

 

脂肪がすでにポヨンポヨンしていて、あえて外界のモフモフに頼らなくとも常に独りモフモフ状態である。

 

すなわち

猫はモフモフが好き\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え…?




f:id:nekosam:20200217115601j:image

春ですね~。