猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫風邪についてパート2】先代ネコは超健康体であった、の巻。


f:id:nekosam:20200211172651j:image

先代ネコのコバもメス猫でした。(本日、若干真面目なクソつまらない内容となっております。)



保護猫を引き取るとき、メスを希望したのは、オスが完全に道の領域だったというのもあります。

 

経験のあるメスは大丈夫!と安心してたのですが、あまりに知らない事だらけだという衝撃の事実。


f:id:nekosam:20200211172913j:image

というのも先代ネコのキジトラは超健康体で、不妊手術のあと15年ほど病気知らずで、

全く獣医さんにかかっていませんでした。

なのであんまり猫の病気に詳しくないんですね(°▽°)

 

というか、無知すぎてワクチンとかの知識とかもなくてですね、

1年未満にワクチン2回も今回初めて知ったというヤバさ。

1匹で飼ってた事もあって、二次感染の心配もなかったわけで。

 

先代ネコが15歳くらいのとき、数分しか外にでていないのに、初めて風邪をもらってきました。

お祖母ちゃんネコだったし、ワクチンもしていなかったので、一度風邪で死にかけました。

このときは復活して、あと四年頑張って生きてくれたものの、鼻炎がたまに出たりとかが晩年まで残ってしまいました。

 

もしかして、ワクチンちゃんとしてたら20年越えて生きられたのかなぁ、とそれが心残りで、

エリンギとシメジはちゃんとしよう!と意気込んでいる次第です。

 

【猫風邪ウィルスについて】

f:id:nekosam:20200211175221j:image

ネコ風邪はウィルスがだいたい限られていて、ワクチンを打つと感染ウィルスが絞られるため、適切な治療ができやすいそうなのです。(カリシウィルスは子猫が感染しやすいらしく、他にもヘルペスクラミジア、フェリス?みたいなのがある)

 

なので3種混合ワクチンよりもちろん5種のほうが良いにきまってますが、3種でもヤバいウィルスは防げるので、風邪が軽くすみますよって話みたいです。

 

【初期症状について】

分かりづらいかもですが、涙出てた日の写真↓
f:id:nekosam:20200211173412j:image

先代ネコの時は、突然のくしゃみから、すぐ食欲がなくなりました。

シメジとエリンギの場合、初め涙がで片方ずつでて、アレルギーかなぁと思いました。

シメジの場合、右目の涙→左目の涙→鼻水と咳。で、おかしいなと思って獣医さんにいきました。

なのでエリンギにうつったとき、涙が出た段階で獣医さんに連れていったので、軽傷ですみました。

二匹とも食欲はめちゃめちゃあったのでアレルギーかなと思ったわけですが、インターフェロン(免疫力を上げる風邪治療)で直ったので、風邪だったのだと思います。

あとウィルスによっては抗生物質など。

 

ネコさんたちはとても我慢強いので、人間が分かる症状が出ちゃってる時点でけっこう重症らしいので、

私のように様子見せず、直ぐに獣医さんに連れてってあげた方が良いです!

早い方が治るのも早い!

 

シメジは鼻水とくしゃみがひどくなって、飛ばした鼻水がピンク色で、(多分炎症おこして血管切れたんですかね)

5日分薬出されて、5日で治るのかな?と思ってたら、

治りました\(^o^)/


f:id:nekosam:20200211175717j:image



多頭飼いだと、感染にもっと注意しなきゃいけなかったなぁという反省点と

 

一匹飼いでも、よその野良猫と戯れたりして帰ってきた主人がウィルスをお土産にすることもあるそうなので、

やだもー!バカバカバカ!

どこ行ってたのさ!!

と主人を向かえがてらしがみついて

うしろ足で蹴ってくる愛ネコたちをかわいがる前に


f:id:nekosam:20200211174512j:image

 

手洗いをしましょう。

 

というお話でしたm(__)m