猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫風邪についてパート1】シメジ風邪をひくの巻。

私、猫を飼った経験があって保護猫を引き取ったわけですが、

本当に猫のこと知らなかったんだなぁと沁々思います。


f:id:nekosam:20200210162550j:image

昨日のブログでも少し触れたのですが、

少し前にシメジが猫風邪をひきました。

 

子猫は1年未満のうちにワクチン2回と聞いていて、まだ一回しかしていないのですが、

引き取って1か月後にエリンギがまさかの

発情期。

慌てて手術して、そのあと私が風邪ひきましてw

辛うじてシメジは色気より食気な猫で、年明けに発情前に不妊手術を終えられました。

 

で、シメジが回復したら二匹まとめてワクチン打つ予定にしていたのですよ。

が、しかし、

元々シメジは太りにくいタイプなのか、2泊入院しただけなのにめっちゃ痩せてて、、


f:id:nekosam:20200210162621j:image

帰ってきたら、特別にご飯をパウチにしてチュールもあげて労ったのですが、

1週間経たずに風邪っぽくなって、獣医さんへgo!

 

猫風邪って、基本的にウィルスが原因らしく、飛沫感染とかみたいです。

完全室内飼いしてるので、よその猫と接触はしてないはず、、

 

はっ…

 

獣医かーい!

 

うちの動物は代々、同じ獣医さんにみてもらってますが、不妊手術だけは保護猫団体さんに協力してる獣医さんにお世話になったのです。

そこの獣医さんは、野良猫の不妊去勢もやってるのですよ。

で、そこで入院したので。

 

ウィルスにもよりますが、潜伏期間は2日~10日らしく、時期も合致します。

 

エリンギは怖いと泣き叫んで「怖いよー!怖いよー!」て騒ぎまくるタイプだと思うんですけど、


f:id:nekosam:20200210164309j:image

シメジは怖くて動けなくなっちゃうタイプなんですね。



 

獣医さんは「この猫ちゃん、めっちゃ大人しいですね~」と、いいこちゃんみたいに言ってましたが、

大人しいってゆうか、あまりに怖すぎてすごいストレスだったと思うんですね。

からの

免疫力低下。

 

エリンギは泣き叫びながらも、風邪を貰うことなく無事生還してましたが、

結局シメジからの飛沫感染でエリンギも猫風邪に。

 

バイオハザードですね。


f:id:nekosam:20200210164505j:image

見事ゾンビ化しました。

 

シメジを獣医さんに連れてったとき、

猫風邪ねぇ、うつりますよ★

て言われましたので、エリンギは早期対応で、シメジほどは悪化しなかったのは幸いでした。

 

猫風邪についてパート2につづく。

 

――――――切り取り線――――――

行きつけの獣医さんのマークが


f:id:nekosam:20200210163825j:image

なんかめっちゃテキトーな絵ってことに今さら気付いちゃいましたよね。