猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫の嫉妬】エリンギのじっとりした視線

かまってちゃんなエリンギと、隠れ甘えん坊のシメジ。


f:id:nekosam:20200207125639j:image

猫ってどのような順番で産まれるんでしょうかね?

シメジはお姉ちゃん、エリンギは妹タイプと思うのですが。

 

シメジに構うとすぐさまエリンギがやってきて


f:id:nekosam:20200207125412j:image

足にしがみついてくるんですよ。


f:id:nekosam:20200207125434j:image

なのでなるべくエリンギが寝ているスキをみてシメジに構うようにしているのですが、

 

寝ているとばかり思ったら、後ろからじっとりした視線を感じることがよくあります。

 

シメジもシメジで、私が構いにくると、エリンギを気にして様子を伺うことも多々ありますね。

ヤキモチ焼くのを分かってて、気を使っているように感じます。

 

ある日のこと、

エリンギがダンボールに入って寝ていたので、シメジをかまっていたら後ろから視線を感じました。


f:id:nekosam:20200207124042j:image

ふーん?


f:id:nekosam:20200207124129j:image

私ここで寝てるとでも思った?


f:id:nekosam:20200207124211j:image

起きてるよぉ?


f:id:nekosam:20200207124253j:image

見てるよぉ?

 

怖っ!

てことがよく起こります。


f:id:nekosam:20200207125713j:image

二匹飼ってみるまで、猫が嫉妬するとか知りませんでした。

私としては二人ともかわいくて仕方ないのですが、平等にカワイイよってのを猫つに伝えるのはなかなか難しいですね。

 

――――――――切り取り線――――――――

 

ついにGパン破れました。