猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

♯2 猫を拾いたいときに限って落ちていない

猫を拾いたいときに限って落ちていない

 


f:id:nekosam:20200114014048j:image

 

うちの回りでは、飼い猫か野良猫かわからないけど、発情してる鳴き声も度々聞こえますし、ネコも見かけていました。

先代ネコがいた頃、通ってくるネコがベランダに居座っていたり、

うちは田舎なため、玄関から知らないネコが勝手に入ってきて、ウチのネコの餌を勝手に食べられてることもありました。

子猫が玄関の植え込みに迷いこんだこと、

下宿で、知らない白ネコに通われたことも、、


f:id:nekosam:20200114014819j:image

先代ネコさんは大学の野良猫がクラブハウスで産んだ子でした。

寮母さんに見つかったら保健所に連れていかれると聞いて、一匹連れて帰ってきたのが縁でした。

そもそも「猫飼いたい!」ってなって飼ったわけではなく、たまたまかわいい子猫を見てしまって衝動的に連れて帰ってきたのが先代ネコとの生活の始まりでした。

飼うつもりもなかったし、とくに好きというわけでもなかったんです。

 

たまたまご縁のあったネコさんと19年暮らして、いざいなくなると寂しいし、また出会わないかなぁと思って知りあいにも、ノラの子猫に会ったら連絡ほしいとか触れまわったのですが、出合いたいときほど出合いがなくて、、

 

友達にアドバイスをもらってペットショップや獣医さんを覗いても、たまたま何もいない!

そうゆうのが一ヶ月ほど続き、

そうだ!一度譲渡会なるものにいってみようか、となりました。