猫に媚びる生活。(仮)

ネコサムが猫のエリンギさんとシメジさんに好かれようとアレコレ模索するブログ。

【猫とあみもの】夢のキャットドームへの道2


f:id:nekosam:20200929163619j:image

編みにくいよね。

前回【キャットドーム生活2日目】のつづきからです。

 

ハマグリの形を見なかったことにして編み進めていると、一応壺型にはなってきたのですよ。

でもエリンギさんが入るとキュンキュンで、

やはりどうもオカシイくさい雰囲気。


f:id:nekosam:20200929164037j:image


f:id:nekosam:20200929164111j:image

猫が編みものにミッチリと入ってる姿は大好物なんですが、


f:id:nekosam:20200929164212j:image

例えばこのライン。

猫に沿って丸く伸びる感じとか、たまらなくキュンキュンするのですが、ね。


f:id:nekosam:20200929164448j:image

残念ですがやり直しすることにして


f:id:nekosam:20200929164537j:image

ほどきました。

ほどくときにハマグリの原因が分かったのですよ。

どうやら生地を裏返したときに、編み進める方向が逆流していたってゆーねw

完全にミスっていたので、やり直して良かったですよ。


f:id:nekosam:20200929164956j:image

そしてお約束なんですが、ちょっと目を離したすきに


f:id:nekosam:20200929165203j:image

f:id:nekosam:20200929165127j:image

糸を持っていかれました。

 

では、気を取り直してテイク2!

中糸が所々緩んでいて、糸の調子が一定でなかったのも

形成がうまくいかない原因かもしれないと思ったので、

今回は中糸を引っ張りながらやってみよう!

ということで、


f:id:nekosam:20200929165750j:image

やってみると、四段あたりにはすでにドームの片鱗がみえてちょっと喜んでたんですが、編み進めるにつれてまた異変が。


f:id:nekosam:20200929165940j:image

なんか
f:id:nekosam:20200929170012j:image

とんがりすぎw

今回はまだ10段目くらいなので、傷が浅いうちにほどきましょう。そうしましょう。


f:id:nekosam:20200929170523j:image

気を取り直してテイク3。

今度はほどほどに中糸を引っ張りつつ調整して編むことに。


f:id:nekosam:20200929170645j:image

あまりとんがりすぎないよう注意を払いつつ、2日目の作業はここで終了。

そんなこんなでネコサムがアパパパしてるころに、

猫奴隷さとちんからラインがきました。

さとちん、さっさと完成しとるがねwww(名古屋弁)
f:id:nekosam:20200929170848j:image

めっちゃ丸い!

いいな!


f:id:nekosam:20200929170959j:image

フクちゃん(グレー)とゴロゴロさん(白黒)が早速入ってたみたいです。
f:id:nekosam:20200929171020j:image

この2匹はボーイズたちなのでけっこうデカイ猫たちですが、ミッチリしながらも入れてますね。
f:id:nekosam:20200929171102j:image

2日目は、さとちんの完成ドームをイイナイイナと指を咥えて見てるだけでした。

うちもはよwww


f:id:nekosam:20200929171539j:image


f:id:nekosam:20200929171556j:image

ブルルン…
f:id:nekosam:20200929171617j:image


f:id:nekosam:20200929171635j:image


f:id:nekosam:20200929171658j:image


f:id:nekosam:20200929171718j:image

 

次回へ続きます。

 

 

【猫とあみもの】夢のキャットドームへの道1


f:id:nekosam:20200927161037j:image

エリンギさん、キャットドームの予習中。

久々の更新となりました。

結局ケータイは修理にだして、今代用機です。

私のケータイはAQUOSなんですが、代用機のGALAXYの方がカメラが反応良いし画質もイイ気がしますね。

ねこさむブログの写真が無駄にブレているのは、もしかしたらケータイカメラのせいなのでは?


f:id:nekosam:20200927162655j:image

と思ったんですが、

なんか結局ブログに載せると画像がジャミジャミするので悲しいです。


f:id:nekosam:20200927161605j:image

でも接写が結構素敵にとれるので、今のうちに写真をいっぱい撮っておかなければ。


f:id:nekosam:20200927161807j:image

土曜日のニットカフェに備えて、エリンギさんが予習していましたよ。


f:id:nekosam:20200927162748j:image

どうだい?

編み方ちゃんと把握したかな?


f:id:nekosam:20200927162850j:image

クァ、、

 

【猫奴隷とニットカフェ】

昨日、猫奴隷友達のさとちんとファミレスに集合して、

2人ニットカフェしました。

ファミレスは机がデカイので作業しやすいですよね。

↓猫奴隷の作業風景
f:id:nekosam:20200927163237j:image

とりあえず、昼めしたべて、

早速作業開始です。

目的は、

今年こそキャットドームつくろーぜ!

です。

キャットドームのレシピはニッターのしずく堂さんのやつで、ググってもらうとすぐに出てくると思うんですが、

とにかくかわいい

素敵にハンドメイドの2019年1月号に編み図が掲載されていたもので、

去年は作るか迷っているうちに猫たちを11月に迎えたばかりで、あたふたしているうちに冬が終わってしまいました。

1人だと、どうしても心が折れる可能性があるので、一緒にやろうってことになったのでした。

 

【キャットドーム生活1日目】
f:id:nekosam:20200927164209j:image

初め、結構苦戦しましたが


f:id:nekosam:20200927164300j:image

こんな感じでなんとかやり方をマスターしていき


f:id:nekosam:20200927164410j:image

このくらいまで進んでニットカフェ終了。

どっかのブログでサクサク編める的な記事を見つけたんですが、

ところがどすこい。

かなり力が要りますね。

ほんと腕が怠くなって、今日猫奴隷から、腕筋肉痛ってラインきましたよね。

法則性をなんとなく見出だして軌道に乗るまではたいへんでした。

一体どこに編み針をさしたらいいのかわからないw

 

で、

帰宅後も編み進めていきます。


f:id:nekosam:20200927165034j:image 

猫たちは帰宅するや否や遊んで欲しそうにウロウロしてましたけど、


f:id:nekosam:20200927165210j:image 

↑えりんぎさんの遊んでビーム


f:id:nekosam:20200927165336j:image

あそんで
f:id:nekosam:20200927165406j:image

あそんで
f:id:nekosam:20200927165425j:image

あそんでよ。

そこんとこは、キャットドームが出来るまでは心を鬼にしてスルーしておきます。


f:id:nekosam:20200927184308j:image

退屈すると可哀想なので、箱を置いておきましょう。


f:id:nekosam:20200927184423j:image

今日のところは2人でセルフで遊んでくださいネ。


f:id:nekosam:20200927184546j:image 


f:id:nekosam:20200927184624j:image

箱はエリンギさんに占領されてしまい


f:id:nekosam:20200927184716j:image


f:id:nekosam:20200927184756j:image

シメジさんが、なんとかしてよって目で見てくるんですが、

そこは自分でなんとかしてください。


f:id:nekosam:20200927184916j:image

箱を満喫するエリンギさんと


f:id:nekosam:20200927185031j:image

つまんなそうなシメジさん。


f:id:nekosam:20200927185006j:image

そんなシメジさんの猫まつ毛を堪能するネコサム。

GALAXYのカメラ良いなー。

でもまだAQUOSの分割終わってないから機種変できません。。


f:id:nekosam:20200927185630j:image

1日目はこのくらいで作業終了。


f:id:nekosam:20200927185658j:image

まだ入れる感じではないですが、中のピロンとした毛糸にシメジさんは食いついただけでした。


f:id:nekosam:20200927185844j:image

このへんからなんとなく、ちょっとおかしいなとは思ってたんですよね、

なんか


f:id:nekosam:20200927185946j:image

形がハマグリっぽいことに。

でもこんなもんかなと思って、とりあえず編み進めることにしました。

 

【キャットドーム生活二日目】


f:id:nekosam:20200927190149j:image

二日目、編み進めていくと、

昨日よりもツボっぽい形にはなってきました。


f:id:nekosam:20200927190328j:image

シメジさんも興味出てきたみたいで、ソワソワと見に来てました。


f:id:nekosam:20200927190307j:image

でもね


f:id:nekosam:20200927190442j:image


f:id:nekosam:20200927190502j:image

なんと、予想してたよりも小さくなってしまって



f:id:nekosam:20200927190606j:image


f:id:nekosam:20200927190625j:image


f:id:nekosam:20200927190641j:image

シメジさんが入れない、、だと、、!?


f:id:nekosam:20200927190744j:image

エリンギさんは


f:id:nekosam:20200927190807j:image


f:id:nekosam:20200927190830j:image


f:id:nekosam:20200927190908j:image

ギリギリはいれましたが、ほんとパツパツ。


f:id:nekosam:20200927191021j:image

 

 

次回に続く!

【ブログ少しお休みします】


f:id:nekosam:20200924141855j:image

昨日からケータイカメラの調子がおかしくて、フォーカスができなくてぼやけた写真しか撮れなくなってしまいました( ;∀;)


f:id:nekosam:20200924142111j:image

フォーカスしようとすると、

この謎のペケ印が出てくる( ;∀;)

カメラ復旧するまでお休みします( ;∀;)

せっかく毛糸も届いて、週末に猫奴隷とキャットドーム作るのに、、


f:id:nekosam:20200924141915j:image

ケータイショップ行ってきますね( ;∀;)
f:id:nekosam:20200924142409j:image

ではでは。

【猫と秋の陽気とコンポタ味とお布団】


f:id:nekosam:20200921180538j:image

秋、それは猫の毛皮が気持ちいい季節。

秋って好きな季節です。

もう少ししたらきっとまた、金木犀の良い香りに世界が包まれるはず。

くっついていても暑くない気候になってきたので、エリンギさんは隙をみて私に乗ってくるようになりました。


f:id:nekosam:20200921180947j:image

フォームローラーしよかなと思ってゴロゴロしていたらエリンギさんが乗ってきました。

心地よいあたたかさ。

そして重み。

エリンギさんてほんとカワイくて、私と目が合うだけでゴロゴロいうんですよねー。

遠隔ゴロゴロ(*´∀`)


f:id:nekosam:20200921181712j:image


f:id:nekosam:20200921181733j:image

てゆか余談なんですが、

四つん這いの格好してると猫たちが私の下に入り込んでくるんですよ。

そしてそのままの格好で移動すると、猫たちは私の下に入ったまま移動してくるんですが、

これは私のことを母親と思っているのか、

それともただ単に屋根があるほうが安心するかなのかは良くわかりませんw

 

【秋の風景】
f:id:nekosam:20200921182000j:image

部屋に入るとこんな感じでエリンギさんが転がってます。

夏の頃に比べて呼吸ってゆうか、お腹の上下する回数が落ち着いていて、

昼間はほんのりと室内が暖かく、溶けて長くなっているというよりは

ほどよく緩くなっています。


f:id:nekosam:20200921182247j:image

この前足の感じとか。


f:id:nekosam:20200921182320j:image


f:id:nekosam:20200921182334j:image

柔らかにしなる猫の前足って、ほんとに目が喜びます。

なんでこんなに柔らかなんだろう。

カナダの作家でニック・バントックて人がいて、不思議な文通って絵本だしてるんですがその絵本の一文に

『まるで猫の前足を握るようにそっと』

てゆう表現があって。

猫飼いならすごく想像できると思うんですが、これなんか素敵な表現だなって思いますね。

ていうのをエリンギさんの前足を見て思い出したよってだけでしたw 

とくに秋とは関係なかったですw


f:id:nekosam:20200921183812j:image

シメジさんはお手入れ中。

 

【コンポタ味】

日本人てなんですぐコンポタ味だしちゃうんですかね?

ガリガリ君のコンポタ味とか出てましたね、食べてないですが。

そして見つけてしまいました。
f:id:nekosam:20200921190834j:image

コーンポータージュサンダー。

サクサク雷神。

これはリピするほどうまそうな感じはしなかったので、一個だけのチャレンジです。


f:id:nekosam:20200921191309j:image

中身は黄色を予想していたのですが、普通な色してました。

ブログでは全く伝わってないと思いますが、

開封したとたん物凄いコンポタ臭に包まれました。

ではシメジさんもちょっと社会勉強しときましょうね。
f:id:nekosam:20200921191615j:image

すん…

 


f:id:nekosam:20200921191719j:image

プイーーーーーー!!


f:id:nekosam:20200921191758j:image

これはこれでなんか悲しいですが、

チョコレートは猫ダメなやつなんで気を付けてくださいネ。

お味はというと、

コンポタ味でしたw

美味しいかどうかといえば、、

ほんの個人的な意見を述べさせてもらうなら、ノーマルタイプのブラックサンダーで充分でした。

興味ある方は買ってみてください。

過剰な期待さえしなければ、普通に食べれます。

 

【お布団】


f:id:nekosam:20200921192823j:image

以前も載っけた、給食当番シメジさん。

私、ベッドが腰に負担で敷き布団マットレス無しが調子が良いのでそうしてるんですね。

猫がいるのでシーツはコマメに洗濯したいので、

敷き布団にはボックスシーツ使っています。

ファスナーだと着脱がめんどいので。

ボックスシーツってほんとに便利でラクなので重宝してるんですが


f:id:nekosam:20200921193506j:image

なんにせよ、猫がすぐ入り込む。

着脱がラクな分ガードが甘いってゆー弱点があるんですよね。

しかも交換したばかりの時が、猫たちも気持ち良いのか


f:id:nekosam:20200921193739j:image

ソッコーin☆

まーカワイイから全然良いんですが

(すぐ毛だらけになるけど)全然構わないんですが、

(ねこさむがコマメに毛を取ってお洗濯すればいいだけのことなので)


f:id:nekosam:20200921195223j:image

存分にモフモフするがいいさ。

猫って案外キレイ好きですよね、、

 

そしてある朝は、

布団畳んですみに寄せて、朝食を準備して部屋にもどると

 

f:id:nekosam:20200921194241j:image

猫たちが布団を開いてキャッキャしてましたよね。

ベッド捨てれたのは良いですがf:id:nekosam:20200921194511j:image

そろそろ本格的に、真剣に布団収納のことを考えた方が良さそうです。

 

 

【猫と秋の訪れと猫釣り祭り】シャケの切り身で猫を釣る。の前に少し虐待記事についての補足。


f:id:nekosam:20200919005816j:image

モード切り替えするの忘れてた。

エリンギさんまた目ピカーンだよねー。

 

直近の二記事立て続けにシリアス内容だったので、今日は軽い内容の記事にしようと思います。

が、一言言わせてください!

先日のブログ記事なんですが、全部のブコメにちょっと感動しちゃって。

みなさんのブログ拝見させていただくたびたび、猫に対する愛情を感じて嬉しくなるのですが、

愛情をそそいでいる方ほど謙虚で、さらにネコサムのクソな記事を読んで、自分のことを省みてくれている!!( ;∀;)


f:id:nekosam:20200919011145j:image

私も完璧な人間ではないので時として、


f:id:nekosam:20200919011251j:image

ダイソーシールを貼ってみたりとかします。

でも、それだけで


f:id:nekosam:20200919011411j:image

うおーっ!


f:id:nekosam:20200919011453j:image

取れんがや!!(名古屋弁)

て、究極にいやがるので、数秒で終了です。

 

もしかしたら貼り続けてたら猫は慣れるかもしれないけど、ずっと違和感は感じたまま過ごします。

慣れるってすごく怖いことで、自分自身もあるんですが、

慣れたと思ってても、やり過ごす術を身に付けただけであって、実はストレスを感じ続けて生活してるんですよ。

例えば肩こりの例をあげると、始めは首が痛くなって、次は右肩、次は背中が痛くなったとしましょう。

新しい場所が痛くなると前痛かった場所が痛くなくなって、痛みが移動している感じがするんですが、痛く感じなくなった場所が治ったわけではなくて、

神経が麻痺して感じなくなっただけで、実はめちゃくちゃこってるんですよね。

慢性的なストレスもにたようなものだと思っていて。

猫が嫌がることも、本来猫に不必要なことを慣らすってどうなんでしょうね?


f:id:nekosam:20200919012947j:image

海外では猫の太らせすぎは虐待だ、と裁判で判決がでたこともあるらしいです。

これまた海外で一時期『ハヌルショット』という、犬を投げて写真をとるのが流行ったようなのですが、

それも今は虐待視されています。


f:id:nekosam:20200919121230j:image

人間の食べ物を与えることも、

それが害になるか調べたりもせずに、喜ぶからといって塩分のあるものや有害なものをあたえることが問題なのだと思います。

今の子たちはあんまり興味をしめしませんが、先代猫はマグロの刺身が大好物で、

私はいつも鉄火巻きのご飯と海苔だけをたべていましたしね。


f:id:nekosam:20200919122516j:image

それぞれのオウチで事情もちがうし、とやかく言う権利もないんですが、

それでも前回の記事でちょっと立ち止まって考えてくれた方々がいたとゆうだけで、とても嬉しく思いました。

ありがとうございます( ・∇・)

世界中の猫と人間の生活がすべて、双方にとって同様に幸せであって欲しいです。

 

【シャケの切り身で猫を釣る】

別の記事を挟んだため、若干内容が古くなってしまいましたが、
f:id:nekosam:20200919123132j:image

以前小魚と一緒に購入した

シャケの切り身のご紹介です。

うちの猫姉妹、とくにシメジさんがめっちゃ遊んで欲しがりなんですよ。

エリンギさんはゴロゴロイチャイチャしたいタイプなんですが、

シメジさんはとにかく走り回って一緒に遊びたいらしく、頻繁に私を遊びに誘ってきます。

時々はセルフで遊べるもので遊ぶんですが、

人間に動かしてもらうやつの方が楽しいみたいで。

昨日も就寝前にせがまれて、ちょっと寝不足です。

つーわけで


f:id:nekosam:20200919175218j:image

猫釣りをしましょうか。

f:id:nekosam:20200919123707j:image

シャケに紐をつけて、さぁどう…


f:id:nekosam:20200919123856j:image


f:id:nekosam:20200919123957j:image

パンパンパンッ


f:id:nekosam:20200919173815j:image

ぬ、
f:id:nekosam:20200919173849j:image

パァンッ


f:id:nekosam:20200919173958j:image

ガブガブ

遊んでるときの萌えポイントがひとつあって、

この


f:id:nekosam:20200919174108j:image

ンバッ\( ・∇・)/

ってするポーズがめっちゃ好きでね。

手のひら全開で一生懸命な感じがして、大好きポーズのひとつであります。


f:id:nekosam:20200919174459j:image

ガブガブガブガブ


f:id:nekosam:20200919174533j:image

切り身うまいぜーーーーーーー!!


f:id:nekosam:20200919174634j:image

ンバッ\( ・∇・)/


f:id:nekosam:20200919174808j:image

アハハ、ウフフ…
f:id:nekosam:20200919174841j:image

↑嬉々として切り身を追いかけるシメジさん


f:id:nekosam:20200919181653j:image

祭りじゃ、祭りじゃーーーーーー!!!

なんかシメジさんの運動量が毎日ハンパなくて、


f:id:nekosam:20200919175534j:image

キャットウォークも利用します。


f:id:nekosam:20200919175614j:image

!?

あんなとこに!


f:id:nekosam:20200919175654j:image

シメジさん、追いかけてきます。
f:id:nekosam:20200919175712j:image

そして
f:id:nekosam:20200919175744j:image

セイッ!!

叩き落とし。


f:id:nekosam:20200919175850j:image

シャケを持ってる丸い手もたまらなくカワイイですね(*´∀`)

もうね、この手の写真はブレていてもことごとくカワイくてきりがないので、

この辺で勘弁しておきますねw

 

【秋の訪れ】

やはりこれでしょう。


f:id:nekosam:20200919180427j:image


f:id:nekosam:20200919180452j:image
f:id:nekosam:20200919180508j:image
頻繁に潜り猫が見られ始めると、秋の訪れを感じますね。

尻もいい感じです。


f:id:nekosam:20200919180613j:image

シュルルッ

 

 

ーーーーー切り取り線ーーーーーー


f:id:nekosam:20200919180729j:image


f:id:nekosam:20200919180833j:image

このアングルも大好物。


f:id:nekosam:20200919180922j:image

まじで、ご紹介してたらきりがないので、

本日はこの辺で。。


f:id:nekosam:20200919181038j:image

ペロリン(°▽°)

 

 

【猫とありがた迷惑と虐待】


f:id:nekosam:20200917173508j:image

エリンギさんの目がピカーン。

やたら猫たちの目が光るなぁと思っていたら、

なんかカメラの設定の何かを触ってしまっていたようで、


f:id:nekosam:20200917173701j:image

シメジさんもピカーンだよねー。

しかも今朝ちょっとショックなことがあって、

朝起きたらエリンギさんがどっかからか持ってきた靴下で遊んでいたのですよね。


f:id:nekosam:20200917173956j:image

あらまー、朝からカワイイこと(*´∀`)

と思ったのはほんの一瞬のことで、次の瞬間目に飛び込んできたのは

 

やや閲覧注意↓


f:id:nekosam:20200917174139j:image

 

え、

 

かなり閲覧注意↓


f:id:nekosam:20200917174221j:image

 

これは…

まさか、G…の…?

 

私が寝ている間、布団の上をカサカサされてないんだといいなと思います。

そう強く信じています。

 

【ありがた迷惑】


f:id:nekosam:20200917174702j:image

先日のブログで、皆様にはほんとに温かいメッセージや共感の声をいただいて、

お恥ずかしながら、ブコメ読んでまたエーン!てなりまして。。

やっぱり後悔は山ほどあるわけで、

でもコバとの時間は取り戻せないのですね。

エリンギさんとシメジさんとの生活はなるべく後悔ないように過ごしたいなぁと思いますよね。


f:id:nekosam:20200917175210j:image

でね、話ちょっとかわりますが、アニマルプラネットのジャクソン・ギャラクシーの動画をみてたんですが。

何か猫に問題があるオウチってゆうのは、猫に問題があるわけじゃなくて、

ほとんどが人間の方に問題があるんですよね。

餌トイレさえ与えておけば何しても良いってわけではなく、

問題のほとんどが、猫たちの習性や生態、気持ちを理解できていないことから生じるコミュニケーションの過ちってゆーか。

犬と猫は全然違う生き物なのに、犬のように扱ったり(犬のような従順さのおしつけとか)、人間と同等な反応(人間の都合を優先した考えとか)を過剰にもとめたり。

そうゆう人はもうダンゴムシとか飼えばいいのに。


f:id:nekosam:20200917180523j:image

でも私も勉強不足から無意識に、そうゆうことをしてたらやだなと思って調べてたら、

こんなチェック表を見つけました。

猫用品販売の猫壱さんのとこからちょっと転載させていただきたいと思います。

きらーんっ
f:id:nekosam:20200917181436j:image

☆是非チェックを!愛情or虐待のチェックリスト

ひゅ~ドンドンパフパフー♪


自分の行動に当てはまるモノに○をして下さい。○が多い人は危険です!

□猫が喜ぶからとおやつを主食にしている
□人間の食べ物を与えている
□欲しがるだけ無制限に食べさせている
□手作りご飯でも栄養バランスを考えて作っていない
□首輪や洋服、リボンなど、猫を着せ替え人形にしている
□猫のグッズを定期的に洗わずに放置している
マタタビなどのハーブをあげすぎている
□上・下運動ができない部屋で飼育している
□しつけに暴力や潔癖すぎる対応を求めている
□無理に芸を教えようとしている
□シャンプーをしすぎる
□他の人が迷惑に感じる猫の行為を黙認している
□床がすべりやすい
□ツメの手入れをしていない
□特定の場所で猫が滑ったり転んだりするシーンを見て笑う
□ひっきりなしに猫を構う
□眠っている猫を無理矢理起こす

(室内ねこ暮らす&育てる 日東書院 たまきみけ著 より抜粋)


いかがですか。この17個のチェックリスト、半分以上が当てはまるという方は猫に対する態度を見直しましょう。

あなたは猫に嫌われる飼い主かも知れません。猫が虐待に感じる「愛情」には気をつけて下さいね。

 

 

以上、抜粋の抜粋になってしまいましたがw

みなさんどうでしょうかね?


f:id:nekosam:20200917181649j:image

うちはあえていうと、

シメジさんがヨーグルトを欲しがるので、無糖なら少量あげてしまいます。

一応それも調べて、下痢もしないし、大量にはあげないのでやってます。

エリンギさんはお腹緩くなるのであげてませんが。

 

猫壱さんのとこには、半分以上当てはまる方と書いてありましたが、

個人的には該当項目が一つでもある場合要注意な気がしています。

だって、大好きな猫に嫌なことしたくないもん!

チェックシートの項目は当たり前っちゃー当たり前のことで、

車の免許とるときのペーパー試験の一般教養みたいなものですよね。

猫にとって、これするとありがた迷惑だってゆー話です。


f:id:nekosam:20200917191305j:image

ちなみにね、これは自分の経験から導きだした個人的見解なんですが、

動物の嫌がることをするひとは、人にもそれもしてる可能性が高いような気がします。

相手がどう思うか、自分がそれされたらどうなのかとか、そうゆう想像力の欠如や、

自分しか見えてなくて自分のことにか興味ない人が回りにも多いです。

 

【猫虐待について】


f:id:nekosam:20200917191734j:image

↑給食当番のようなシメジさん


f:id:nekosam:20200917191840j:image

虐待の話は、ほんとはすごく苦手です。

猫の状態を文章で読むだけでも辛すぎて見れません。

ツイでよく虐待についてツイート上がってくるのですが、恐ろしすぎて正直開けれません。

あからさまな悪意ある虐待は、ほんとに犯罪だし、取り締まらなくてはならないことだと思いますが、

上記のような『隠れ虐待パターン』ですね、

これはほんとに、飼い主が気づいてない場合も多いとおもうんですよね。

猫って、けなげなくらい我慢強い生き物だと思います。

ストレスによる何らかの症状が出てしまってからでは遅いんですよね。

コマメな通院も手段の一つではありますが、

病院にいくこと自体ストレスな猫さんも多いとおもいます。

最近はフードも開発されて、20年近く普通に生きれるようになりました。


f:id:nekosam:20200917193022j:image

先代の命日を期にあらためて思い返すと、

特別高いフードをあげてたわけでもないし、ストレスが極力なかったことが19年生きれた要因かもしれないなぁ、と思いました。

知り合いの猫はけっこう20年越えしてる子もたくさんいます。

ただ、ある先輩の猫は15年くらいで、

でもその猫は飼い主がデブ猫が好きで太らせぎみに育てていて、

引っ越しも多く環境がコロコロ変わるのもストレスだったかもしれないですね。


f:id:nekosam:20200917193957j:image

なんか今日もまとまりのないブログで申し訳ないんですが、

結局のところ何が言いたいかってゆうと、

 

猫とか動物は純粋なので、

それでもご主人様を大好きで信用しているのです。

多少ストレスでもけっっこう我慢しているので、

ちゃんと猫についての正しい知識を勉強して、猫たちの言葉を知る努力をしてほしい。

時々なら無茶をするときもあるかもしれない。

でも、継続的なストレスを猫に与えるのは、耐え難いことです。

猫は猫です

人間でも犬でもハムスターでもありません。

 

ーーーーー切り取り線ーーーーーーー

猫は猫なんですが、

みんな個性が違う、別の猫です。

それをちゃんと見て、好きでいてあげたいです。

いまの子たちは先代とは全然性格違います。

でもみんな、違うから余計、みんなそれぞれの唯一の愛すべき存在です。

 


f:id:nekosam:20200917195031j:image

 

 

 

 

【先代猫と夏の名残のバラ】音楽と共にある記憶


f:id:nekosam:20200915192218j:image

本日しんみり回でございます。

急に秋到来してしまいましたね、ちょっと肌寒いくらいの朝でした。

シメジさんが、猫ポットに入っていましたよ。

やはり少し寒いのでしょうね。

猫たちは何事においても敏感で繊細です。秋の訪れを感じとった瞬間、暖をとりに居場所を替えます。


f:id:nekosam:20200915192630j:image

アクビからの


f:id:nekosam:20200915192701j:image


f:id:nekosam:20200915192721j:image

 

眠いのね。

 

【先代コバの没後一年】
f:id:nekosam:20200915192107j:image

今日は先代猫コバの命日でした。

もう一年経ってしまいました、ほんとにあっという間に。

何をどう書けばよいのかわからないですが、思うままに今日は書いていきますので、

ほんと訳わかんない感じになったらごめんさい。

 

去年の今日、私はトリオ(三重奏)の仕事でした。

アンコールピースとして、アイルランド民謡の『夏の名残のバラ』という曲を演奏して、

車をぶっ飛ばして帰路につきました。

https://youtu.be/vZfpG7FOK7s

これはピアノバージョンですが、うちの鍵盤の子がとても優秀で、

作曲家なんですがアレンジしつつ色々演奏もできる出来る子なんですね。

バイオリン、コントラバスアコーディオンの編曲でやりました。

 

もう数日前からコバの容態は思わしくなく、私は死に目に間に合わないかもしれないと思っていました。

コバの最後については以前記事にしたので詳しく書きませんが、

彼女と過ごした最後の数時間、この曲がずっと頭に流れていました。

コバが逝ってしまった後、私は彼女のためにこの曲を1人で弾きました。

 

一年経って、

音楽って記憶のスイッチだなって。

今日聞いてたら、もう涙がとまらなくて、

エリンギさんとシメジさんがきてくれたから大丈夫と思ってたんですが、

一年なんかでは全然忘れられるものではないですね。


f:id:nekosam:20200915194850j:image

 

私は何回この曲を聞いて、何回弾いたら、

この悲しい気持ちをすっかり濾過できて泣かなくなるんだろうか、と思いました。

今の子たちとの生活はすごく楽しくて、確かに癒されている感じはするけれども
19年と一年じゃ過ごした長さが違いすぎる
先代とはぼんやり過ごしてしまった後悔もあるけど、
彼女は確かにここにいたんです。

お骨も髭の一本も残っていないけど、
19年ものあいだ、私の生活の一部として。

柔らかな存在として
マグロの刺身を欲しがるときしか膝にのらなかったけど、
でも最後、この曲を演奏している間も彼女はまっていてくれて
体力も尽きそうなのに、立ち上がって迎えてくれようとしたのです。


最後の数時間、私は彼女の体にずっと触れ続けて、
死ぬ間際まで、とても熱い体だったことを覚えています。
死ぬその瞬間まで彼女は生きてた。
死にそうだったけど、たしかに生きてた。
悲しかったけど、最後を見とれて良かったと思っています。
最後が、一人じゃなくて良かった。
母はもういなかったけど、兄と父と三人でみとりました。


f:id:nekosam:20200915195253j:image

私は、母を見とれませんでした。
コバは最後、喉が詰まった感じになって、息を引き取りました。
母の最後は父から聞きましたが、
もしかしたらこんな感じだたのかもしれないと、
ふとそんなことを思いました。

人が死ぬとき、アドレナリンがでまくって気持ちがいいって話を誰かからききましたが、
コバの最後も苦しくなかったんだといいなと思いたいです。


f:id:nekosam:20200915195439j:image

私はまだ若かったし、

自分のこと家族のことでいっぱいいっぱいで、決して良い飼い主とはいえなかったかもしれない。

猫を飼うのはコバが初めてだったから、勉強不足すぎて、

嫌なこともいっぱいしちゃったと思います。


f:id:nekosam:20200915195822j:image

それでもね、

学校のクラブハウスでじっと私を見つめてたあなたの目はずっと忘れてない。

コバが、私を見つめてなかったら

私は別の子を選んでた。


f:id:nekosam:20200915200204j:image

うちにきて、少しは幸せと思ってくれてたかな?


f:id:nekosam:20200915200418j:image

私はあなたがいなくなるまで、気づけなかったよ。

あなたの存在にものすごく救われてたってことに。


f:id:nekosam:20200915200641j:image

会いたいなぁ

また会いたい


f:id:nekosam:20200915201013j:image

コバにまた会いたいなぁ。

 


f:id:nekosam:20200915201614j:image

命日なので、

夏の名残のバラを聞いていたら

いろんな記憶が甦ってきて、

号泣していても、この涙が悲しいのか、寂しいからか、

楽しかったからか、幸せだったからか、

もう取り戻せないからか、

よくわかりませんでした。

でもきっと、この涙の理由を考える時間はまだあります。

来年も再来年も、またこの曲を聞くんだろうなとおもいます。


f:id:nekosam:20200915202150j:image

というわけで、

少々お高い秋サンマを夕飯に食べたんですが、

涙で味がよくわからなかったのが悔しいとこです。

 

ーーーーー切り取り線ーーーーーーーーー

 


f:id:nekosam:20200915202244j:image


f:id:nekosam:20200915202310j:image

 

今はこの子たちとの時間が流れてゆきます。

 

大事にしたいです。